マリカー雑記
マリオカート8 デラックスの勝ち方を本気で考えるブログです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
【くさあん】マリオカート8 デラックスの勝ち方 前編

モナー帝国やtwitter上の模擬で色々試して、かなり勝率の良い立ち回りに行きついたのでここに書き残します。

真似するも改良するも人に広めるも自由です。自分がスランプに陥った時に見直す用でもあります。

 

 

このゲームは基本、与えられるアイテムと他プレイヤーに対してアドリブで動かされるゲームです。

毎レース毎レース変わるアイテムと他11人のプレイヤーを相手に100%安定する立ち回りなんて無いです。

 

が、少しでも勝率を高められる立ち回りは存在していると思います。

 

 

僕は模擬とかでよく走るコースを以下の5パターンに当てはめてレースをしている節があります。

 

 

SCがほとんどなく、打開の効きづらいコース

強いSCがあるが、アイテムボックス直後にSCのないコース

強いSCがあり、アイテムボックス直後にSCのあるコース

ロングキラーが極端に強いコース

バグボックスがあるコース

 

 

このそれぞれのパターンに別々の戦法を取って走っています。

 

 

 

 

 

SCがほとんどなく、打開の効きづらいコース

 

いわゆる「前コ」とか呼ばれてるコースのことです。

 

この,吠類される重要コースは以下です。

 

 

 

(DKジャングルとハイラル、ネオクッパシティについてはにも分類されます)

 

 

 

 

模擬や交流戦で走る頻度がやや低いものは以下になります。

優先度は下がりますが、こちらも抑えられると良いんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

これらのコースは一発逆転の打開で勝ちに行くより、地道に前を切り崩しながら上がる方が良い気がします。

 

 

・素の走りでミスをしないこと

・ダブルアイテムに拘りすぎてアイテムを取り逃さないこと

・周りのプレイヤーを味方につけること

・FBをお祈り回避すること

・ブーメランと勝負しないこと

 

とかが重要です。

 

 

一度12位付近まで追いやられたら、サンダーを引くか回避するかしないと勝てないです。

 

 

スナイプとか、設置や反射緑の回避とか、サンダー回避とか、とにかくアドリブ力がモノを言います。

たくさん交流戦とか模擬に出て鍛えるしかないです。

 

 

それと、TAし得なコース達でもあります。

素の走りでグイグイ前に行けるのは強みです。

 

 

 

 

 

 

強いSCがあるが、アイテムボックス直後にSCのないコース

 

ここで言う「アイテムボックス直後にSCのないコース」とは、「スターをアイテム交換したときにそのスターでそのままSCに行けないコース」を指します。

 

この△吠類されるコースは以下です。

 

 

 

 

 

優先度高めなのはエレドリだけです。

 

 

 

これらのコースは、『運搬』という戦法を使っています。

 

 

 

 

 

 

 

参考動画 1週目ラストアイテムのスターはマグレなので、テーブルの変わる9位で割るべきだった

 

 

 

大まかな流れとしては、まず1週目に、

 

表 : キノ3

裏 : スター or テレサ

 

の形を作ります。

 

 

そして、表のキノ3でTA同然に走ってスターを上位付近まで運搬します。

 

このゲームの仕様上、レース開始から30秒間はキノ3とスターが最も良いアイテムとして排出されるので、ちゃんと下がれば揃えるのはかなり楽です。

 

 

 

2週目中盤以降、マップのプレイヤー分布を見ながらサンダーを読んでスターを使い、

 

a, 回避できれば間違いなく勝ち

b, 回避できなくとも前には出れている

c, スターを使う前にサンダーを降らされても中位なのでアイテムゲーに持っていける

 

という状態を作るのが狙いです。

 

 

 

 

この戦法で怖いのは、キノ3を持って上がる時の被弾です。

 

 

キノコは先行入力型の防御アイテムと言えます。

周りの誰よりも早く後ろに赤持ちがいることに気づくことができれば、キノコを即使用して前に出て赤を別プレイヤーに受けさせることができます。

後ろのプレイヤーがボックスを通り過ぎたときは特に注意を払っておきます。そのプレイヤーが赤を引いたとき、そのプレイヤー自身も後ろを見て赤がいないことを確認してから投げてくるはずです。

 

このように、周りのアイテム状況(特に赤)を常に把握して立ち回ることが重要です。

 

 

 

この運搬戦法は全コースで使って良いレベルで強いと思います。

 

 

 

 

 

長くなったので〜イ呂泙晋緤圓暴颪ます。

 

 

スポンサーリンク

 

↓↓↓是非twitter共有お願いします。励みになります。

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.