マリカー雑記
マリオカート8 デラックスの勝ち方を本気で考えるブログです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
【くさあん】マリオカート8 デラックスの勝ち方 後編

前回の記事の続きで、

 

強いSCがあり、アイテムボックス直後にSCのあるコース

ロングキラーが極端に強いコース

 

について書きます。

 

 

 

 

 

 

強いSCがあり、アイテムボックス直後にSCのあるコース

 

いわゆる「打開コ」と呼ばれるコースが多く含まれる枠です。

 

このに分類されるコースは以下です。

 

 

 

ジャングル、ハイラル、ネオクッパ、リボン、リンリンについては

序盤に前に出られそうであれば出ておいた方が良いかも 状況次第

 

 

 

 

 

これらのコースでは、スターでスターを運搬する「スターループ」が強いと思っています。

 

大まかな流れは以下の通りです。

 

 

 :  1週目〜2週目までに 表スター / 裏キノ3 を作る
2週目の強いSC前ボックスでスターを使う
スターでSCしながら 表キノ3 / 裏スター を完成させ、運搬開始

 

 

 

 :
2週目のスターループを目指し スター / キノ3を完成させます。

 

テレサを引いた場合は相手の表スターを盗りに早めに使います。(盗ってくるのに時間がかかり、その間はアイテムストックが空かないため早めです。キノ3 / テレサはキノ3で良い位置まで運搬できそうなら運搬に切り替えます)

 

キノ3 / スターが揃ってもスターを表に出して裏にキノ3を引きに行きます。裏に単キノが出てしまったら全取っ替えです。

 

 

 

:
2週目の強いSC前ボックスで表のスターを使います。
このとき、確実に裏にスターを持ってこれるように距離及び順位を調節しておきます。
離れすぎるとキンキノを引かされる場合があります。キノ3 / キンキノはノーガードになるので避けたいです。
キラーなら運搬して強いので問題ありません。

 

この段階でサンダー回避をできる可能性が高いです。(2週目後半の強いSC前は特に)
なぜなら、1週目終盤から2週目SC前ボックスの間にサンダーを表で引いたプレイヤーがいる場合、そのサンダーを吐かないとそのプレイヤー自身がSCに行けないからです。
その上、表ということは他のプレイヤーに見られています。サンダー被りが怖いのも相まって余計降りやすいです。

 

そのプレイヤーが表サンダーを保持した場合、下位にいるにも関わらずSCに行かなかったキャラアイコンがマップに映ります。これでサンダー持ちを把握できます。

 

サンダーを裏で引いたプレイヤーがいる場合、表のアイテムでSCしながらサンダーを運搬してきます。
この場合はマップだけで読むことができず、かなり厄介です。
ただ、距離的に出ている可能性があることはわかるので、警戒しながら走るしかないです。

 

 

 

 :
前編の△農睫世靴娠身造魍始します。

 

: でサンダーを回避できた場合、
サンダーは一度降ってから30秒間出ないので、30秒以上経過後にアイテムを割った最下位付近のプレイヤーを見ながら裏のスターを使います。
サンダーが30秒の間に二度降るパターンは、サンダーを持ったままサンダー回避をしたプレイヤーがいる場合のみです。

 

供Г妊汽鵐澄爾降らなかった場合、

キノ3の裏のスターで回避を狙いに行きますが、ここは運搬なのでサンダーのことはあまり考えすぎず前に安全に出ることを意識します。

サンダー持ちがいることが分かっていれば多少勝負してもいいかもですが、落としてしまうより早めに使って上がれた方がお得です。

 

 

 

 

 

運搬やスターループ戦法の強いところは、

 

「1週目と2週目の上位争いに巻き込まれず、3週目の上位争いに比較的安全に参戦できる」

 

点だと思います。

 

 

 

ブーメランやパックン、FBといった攻撃的なアイテムの多い中位〜上位での消耗戦を避けられるので楽ができます。

それに、ワンチャンサンダー回避のおまけつきです。

 

 

 

結局最後は上位争いのアドリブ力が試されます。

 

 

 

 

 

 

 

ロングキラーが極端に強いコース

 

キラーで居られる時間が極端に長く取れる位置があるコースを指します。

 

このい吠類されるコースは以下です。

 

 

 

 

 

 

これらのコースは1位とかなりの距離を取ってでもキラーを取りに行く価値があります。

 

それぞれ解説します。

 

 

 

 

 

 

 

ヨッシーサーキット

 

 

 

 

SCの滝に触れるあたりでキラーを使用するとラストアイテム前まで伸びてくれます。

滝に触れるのがポイントで、SCの手前から使用してしまうと最後の急カーブを曲がり切ってくれません。

 

 

 

 

 

3週目にこの事故は痛いので、なるべく滝を意識して使った方が良いです。

 

 

 

 

 

それと、トンネルを抜けるまでの間に相手プレイヤーを抜かしすぎるとロングキラーになりません。

 

 

 

 

 

 

キラー中に抜かしそうな相手の数をマップで把握して、使う位置を調整すると良いです。

 

 

 

 

 

 

 

チーズランド

 

 

 

最強のロングキラーです。

曲がりくねった悪路を全部カットし、SC前まで安全に飛んでいけます。

 

キラーの裏にキノ3 or キンキノ or スターを持った状態でロングキラーをしましょう。(ロングキラー後のSCに繋げたいため)

裏に何も持っていないなら、1つ目のアイテムで回収してからキラーを使いましょう。

 

 

こちらも前が詰まりすぎているとロングキラーが入らない場合があります。

トンネルのとこでキラーを使うと確定ロングキラーになるので、状況に応じて使い分けると良いです。

 

 

 

 

一位だろうと確定ロングキラー

 

 

 

 

 

 

ドルフィンみさき

 

 

 

 

 

ロングキラーが2か所あるコースです。

 

2か所目を3週目で使ってしまえば大抵上位確定です。

ただ、2か所目に辿り着く前のサンダーが怖いので1か所目で使うのが安定かもしれません。

 

サンダーの有無を把握してうまく使い分けると良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゥ丱哀椒奪スのあるコース

 

についてはまだ煮詰まっていない部分があるので番外編に書きます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

↓↓↓是非twitter共有お願いします。励みになります。

コメント
from: とくさん   2018/06/30 1:03 AM
こんなに分かりやすく打開の仕方を教えて頂いていいのでしょうか。私のようなアイテムとりあえず使うことしか出来ない阿呆にもとても参考になりました。ありがとうございます。
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.