マリカー雑記
マリオカート8 デラックスの勝ち方を本気で考えるブログです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
無料ブログ作成サービス JUGEM
【もあ】個人戦の意識

 

はじめまして、もあと申します。
今回はくさあんさんのブログをお借りして自己流の個人戦の勝ち方を書いていきたいと思います。
参考になるかはわかりませんが、最後まで見ていただければ嬉しいです。

 

 

 

 

 

個人戦の立ち回り方

 

個人戦は『やってはいけないこと』をやらずにアドリブでうまく立ち回ることが一番です。

 

そのやってはいけないことを羅列していきます。

 

 

 

 

 

 

サンダーを粘ること

 

個人戦でのサンダー粘りは一番勝率が安定しないと考えます。

 

 

・他人に先にひかれて三週目で自分が回避できないサンダーを打たれたら負け

・コースによっては運搬に切り替えようとしても間に合わない

・サンダーを引けてもしょうもない反射緑等で前に追いつけなくなる

・最後に追い上げても無敵が切れたタイミングによっては中位の荒れに飲み込まれる

 

 

...等々、個人戦でのサンダー粘りには無限の負け筋があります。

安定して勝ちたいのであればやるべきではないでしょう。

 

 

 

 

 

 後ろのプレイヤーのアイテムや状況を把握せずにアイテムを使うこと

 

例を挙げると、自分が2位で赤甲羅を2つ持っていて1位が表コインという状況です。

 

この状況で後ろを見ず、赤甲羅を2つ投げるのはありえないと思います。

 

なぜなら、赤甲羅を2つ投げ1位になったところで、次のアイテムボックスまでは手ブラになります。

これを3位のプレイヤーに見透かされれば、赤甲羅1つでやられてしまいます。

 

また、3位の表が赤甲羅じゃないからと言って投げてしまうのも、裏のアイテムが赤甲羅の可能性もあるのでNGです。

 

 

よって、この状況で赤甲羅を投げて良いパターンは、3位のプレイヤーの裏のアイテムまで明らかになっているパターンのみです。

 

被弾の可能性を最小限にしてプレイすることが大事です。

 

 

 

まぁ大会や模擬で一位取らないと負けみたいな状況なら攻めてもいいと思います。

 

 

 

 

 

無意識に前のプレイヤーに攻撃すること

 

これも例を挙げますが、前のプレイヤーが赤甲羅や展開アイテムを持っていて自分がファイアーボールやブーメランを持っている場合。


投げれば恐らく前のプレイヤーは倒せるけど、倒した後の被弾の可能性が気になります。
なので、自分はこの場合攻撃アイテムを全部後ろに投げて前のプレイヤー達を隔離します。


ワンチャン打開組が死んでくれれば美味しいし、後ろからの被弾のリスクが最小限になります。

 

仮に前のプレイヤーを倒したとしても、倒したやつから赤が飛んで来たり展開に当たったりしたら意味がないし、
前の相手が赤3とかを展開してるのであれば前同士でやりあってくれる可能性もあります。
それによって順位が1つでも上がれば儲けもんです。

 

 

極論個人戦であればこのゲームは前の相手に攻撃しなくていいと思います。
前からの被弾のリスクよりも後ろからの被弾のリスクのほうが500倍くらい怖いし、

前のプレイヤーに攻撃してもメリットが薄いからです。

 

 

 

 

 1位のポジション維持を諦めてしまうこと

 

よく「個人戦で前張るのは弱い」「個人戦の1位は棘が来るから弱い」と言われますが、自分はそうは思いません。

 

基本的に1位というポジションは、自分が気を付ければ赤、棘、サンダーの3つしか被弾候補がありません。

 

そしてそのうちの1つのサンダーは降ったところで、回避が沢山出ない限り前の強い位置をそのままキープできます。

lap3のラストボックスを過ぎた後にサンダーが降り、2位が赤を引いたとしても2位は3位からの攻撃に備えなければいけません。

 

中位付近のプレイヤーには、1位よりもはるかに被弾のリスクがあります。
自分は個人戦での1番強い位置は1位だと思います。

 

 

 

 

おわりに

 

まぁでも結局アドリブ力が1番大事だから模擬で練習を積みまくれ!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

↓↓↓是非twitter共有お願いします。励みになります。

コメント
from: かすみ   2018/05/13 9:42 PM
もあ様、はじめまして。
中国のマリカーチーム(Boo)に所属されているかすみと申します。よろしくお願いします!
「個人戦の意識」という文章を読ませていただき、非常に勉強になりました。大変ありがとうございました!
失礼ですが、その文章を中国語に訳して、URL付きで中国のネットに貼り付けてもよろしいでしょうか?
では、ご返事をお待ちしております。

かすみより
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.